BIOGRAPHY

宮原 なつき

山口県出身
武蔵野美術大学彫刻学科在学中にタップダンスと出会う。
卒業後、タップダンスを中心に舞台の世界へ進む。
タップダンスは、マスタールーティン継承者のみすみゆきこ氏に師事し、ブロードウェイ振付け師のヘンリー・レタンや、タップマスター達のルーティン、ステップを学ぶ。
自身もニューヨークやシカゴへタップダンスを中心にパフォーマンスアートを学びに行く。
2013年から、表現の幅を広げ、より多くの人にタップダンスを観てもらう為に、芝居、歌の舞台にも挑戦を始める。
出演歴
  • ヘンリーレタン  トリビュートライブ(artn tap dance studio タップダンスで出演)

  • Mr.Slim Company summer live(吉祥寺star pine’s cafe タップダンスで出演)

  • beatnik studio  「zero」(日本青年館 ジャズダンスで出演)

  • Volca Tap Dectet (博品館劇場 タップダンスで出演)

  • 大晦日総合格闘技dream オープニングアクト(埼玉スーパーアリーナ  HIDEBOH演出 タップダンスで出演)

  • 劇団東京イボンヌ  「酔いどれシューベルト」  (ザ・ポケット  ブラジリー アン 山田演出 タップシーンあり 俳優で出演)

  • 劇団東京イボンヌ  「俺の兄貴はブラームス」  (荏原 平塚ホール 福島真也演出  俳優で出演)

  • ヒロファンミュージックコンサート(内幸町ホール 自身の企画振付  タップダンス、俳優で出演)

  • Rock Musical Project 「one love」再演作品(劇団SET 大関真演出 俳優として出演)

  • 歌芝居 吉田組 プレゼンツ 春爛漫!ファミリーミュージカル  
    「おおどろぼうホッツェンプロッツ」
    (新木場ジャパン建材本社ビル 1Fホール  吉田敦総監督・演出  安藤由布樹作曲  歌のシーンありで俳優として出演)

  • など